チェアを主役にした、おしゃれなワークスペースとは?インスタグラマーAtsukoさんの自宅をご紹介
見出し画像

チェアを主役にした、おしゃれなワークスペースとは?インスタグラマーAtsukoさんの自宅をご紹介

気になるあの人の自宅にお邪魔して、ワークスペースを見せてもらう連載、「#kagghome 」。

今回は、おしゃれなインテリアやライフスタイルの投稿で注目を集めるインスタグラマー、Atsukoさん(@ma_home0211)のワークスペースと愛用チェアをご紹介します。

Atsukoさん@ma_home0211
フリーランスのグラフィックデザイナー。共働き夫婦のんびり生活、お花のある暮らし、パン作りなどをテーマに、自身のライフスタイルをInstagramで発信している。

── 早速ですが、ご自宅のワークスペースについて教えてください!

我が家のワークスペースは、LDKの一角にあります。家を建てるタイミングで、本格的にフリーランスとして独立しようと考えていたので、仕事専用の部屋をつくりました。

家事をしたり、家族や外の様子を見ながら仕事ができるよう、LDKに隣接しながらも適度に独立したワークスペースにしました。LDKからワークスペースへの眺めを開放的にしたいと思ったので、室内窓やアクリルドアを使うなどして抜け感を出し、スケルトン仕様にしているのがポイントです。

── Atsukoさんは普段、どんな働き方をされているのですか?

基本的には、平日に在宅ワークをしています。ワークスペースでPC作業をしたり、ダイニングやキッチンなど家のさまざまな場所で写真を撮影したりします。

画像4

フリーランスということもあって仕事量の変動が激しく、1日5時間で仕事を終える日もあれば、多いと11時間以上働いている日もあります。深夜3時頃まで仕事をすることもあるので、寝ている家族を起こしてしまわないよう、寝室から遠いところにワークスペースを構えていて良かったです。

── ワークスペースには、どんなこだわりがありますか?

家全体のインテリアと同様に、モノトーン×ウッドを基調としたシンプルな空間にしています。

また、長時間座り続けていることが多いので、身体のことを考えてきちんとしたチェアを使うようにしています。

画像1

── Atsukoさんの愛用しているチェアは何ですか?

ハーマンミラーのセイルチェアです。デザイン関係の仕事をしているため、長時間座ってイラストを書いたり、前のめりになってPCの画面を見ることが多く、前傾姿勢機能があるものを選びました。

また、LDKからワークスペースの様子がよく見えるので、デザインにもこだわり、ワークスペースの主役になるようなチェアを選びました。

── チェアのお気に入りポイントを教えてください!

アームレスト(肘置き)の角度や幅を細かく調節できるところです。タイピングをする際の姿勢が、とても楽になります。

また、背もたれの程よい硬さと柔軟性が身体をしっかり支えてくれるので、長時間座っていても疲れにくいです。座面もゆったりしているので、とても座り心地の良いチェアだと思います。

画像2

── 最後に、快適かつおしゃれなワークスペースをつくる秘訣を教えてください!

仕事中はしっかり集中できるように、PCに向かったときの視界に生活空間が入らないようにすることが大事だと思います。正面に壁や窓がある状態にしておくのがオススメです。

また、ハンドクリーム・リップクリームなど美容アイテムや、お花・グリーンなどの癒やしアイテムを飾ると、仕事の合間にほっと一息つきやすくなります。

そして、チェアはワークスペースの主役だと思って、妥協せずにお気に入りを選ぶことが大事だと思います!私も以前は、「とりあえず必要」ということで1万円以下の手頃な椅子を使っていましたが、やはり長時間座るならデザイン性だけでなく機能面も重視した方が良いですね。

お部屋の雰囲気にあった色を選んでカスタムオーダーすることもできるので、これからワークチェアを探される方には、ぜひ長く愛用できる商品を見つけてもらいたいなと思います。

画像3


Atsukoさんが愛用するセイルチェアはこちら

AS1YA23AAN2BKBBSGSG1HA09(ハーマンミラーオンラインストア)
※Atsukoさんは「ファブリック(メドレー)のストーン(1HA01)」を使用。

在宅ワークにピッタリのチェア探しはこちら


更新情報はTwitterでお伝えします📣

“家具で「働く」を変えていく”をテーマに、オフィス家具について考えるきっかけづくりになるような情報をお届けします。