インタビュー

8
オカムラ初のゲーミング家具「STRIKER」に込められた思いとは?開発ストーリーと製品のこだわりに迫る

オカムラ初のゲーミング家具「STRIKER」に込められた思いとは?開発ストーリーと製品のこだわりに迫る

2021年1月、オフィス家具メーカーのオカムラが、ゲーミングファニチュア「STRIKER(ストライカー)」を発売しました。 メインとなるチェアは赤・青・黒の3色展開で、ほかにも昇降デスクやシェルフ(収納棚)などのラインナップがあります。 これまでBtoBのマーケットを中心に数多くの製品を送り出してきた同社ですが、ゲーミングファニチュアを開発したのには、どんな背景があったのでしょうか。 株式会社オカムラの浅野さんと新行内さんにお話を伺いました。 (写真左)マーケティング

19
雑談は、これからのオフィスに欠かせないもの。コミュニケーションを生む家具『5 TSUBO CAFE』とは

雑談は、これからのオフィスに欠かせないもの。コミュニケーションを生む家具『5 TSUBO CAFE』とは

「いい仕事は、いい雑談から。」 家具メーカーのプラスが販売するオフィスコミュニケーションスポット『5 TSUBO CAFE』。社内に小さなカフェスペースを設置することで、人が集まり雑談のきっかけをつくる商品です。2015年に現行版が発売され、2021年1月にリニューアル版が発売されました。 リニューアル版の『5 TSUBO CAFE』 コロナ禍で働き方の多様化が進み、オフィスに求められる役割は大きく変化しています。“雑談を生み出す家具”を導入すると、一体どんなメリットが

8
健康は、毎日の働き方にかかっている。すべての企業が早急に取り組むべきオフィス改革とは/早稲田大学・岡先生インタビュー

健康は、毎日の働き方にかかっている。すべての企業が早急に取り組むべきオフィス改革とは/早稲田大学・岡先生インタビュー

『長生きしたければ座りすぎをやめなさい』 センセーショナルなタイトルの著書で警鐘を鳴らすのは、早稲田大学スポーツ科学学術院教授の岡浩一朗さん。日本における座りすぎ研究の第一人者です。 テレビや新聞でもこの話題は大きく取り上げられていて、世界では「1時間座ると22分余命が縮む」「座りすぎはタバコより健康に悪い」とまで言われています。(やばい、このままじゃ死ぬ‥‥!)と危機感を覚えた方も多いはず。 会社員は1日のほとんどを会社で過ごしているのだから、オフィスでも座りすぎはN

10
座りつづけても健康に?これからのオフィスに必要な「姿勢の多様性」とは/コクヨデザイナー・加納隆芳さんインタビュー

座りつづけても健康に?これからのオフィスに必要な「姿勢の多様性」とは/コクヨデザイナー・加納隆芳さんインタビュー

「座りすぎって体によくないんでしょ?」という疑問を、あえてオフィスチェアのデザイナーに聞いてみよう、という本インタビュー。私たちの(ちょっと失礼な)質問に答えてくれたのは、コクヨ株式会社のデザイナー・加納隆芳さんです。 前編では、オフィスチェアの進化の歴史や、実は“座ること=悪”とは限らないことを教えてもらいました。 続く後編では、座面が360°動くオフィスチェア『ing』の開発秘話や、オフィスチェアの未来などについてお話を聞いていきます。 体の不調から気づきを得た、36

20
“座りすぎ=悪”って本当?オフィスチェアのデザイナー・加納隆芳さんに聞いてみた

“座りすぎ=悪”って本当?オフィスチェアのデザイナー・加納隆芳さんに聞いてみた

「座りすぎは体に悪いんですよねって、僕に聞きます?(笑)」 だって、気になるじゃないですか。座りっぱなしで仕事をしていると、死亡リスクが上がるとさえ言われているんですから。オフィスチェアをつくる人なら、“ホントのところ”を知ってますよね? ‥‥そんな疑問を遠慮なくぶつけさせてもらったのは、座面が360°動く革新的なオフィスチェア『ing』のデザインを手がけた、コクヨ株式会社のデザイナー・加納隆芳さん。 加納さんは苦笑いしながらも、オフィスチェアのあれこれ、さらにはこれか

67